D-style製作記
ホームページと併用してお楽しみ下さい。
スズキ RGV-γ500’95 #34 着工・下処理
みなさんごきげんよう(*゚▽゚*)

今回はスズキRGV-γ500′95 #34の作成です。

今回はトランスキットを使用しての改造作成になりますので
いつもとは少し違った進め方になります(´・ω・`)

それでは早速スタート!!

P7113996.jpg
まずはパーツチェックです。
元になるキットはタミヤ社のこちらで、使うパーツはエンジンの1部と
排気周りの1部とタイヤパーツ位です。

P7113997.jpg
トランスキットはこんな感じです。

カウルはレジンでフレームやスイングアームをはじめ、ステップ類等もホワイトメタルです。

P7124003.jpg
チェックしながらパーツを小分けにして行きます。

P7113999.jpg
まずはカウルを処理して行きます( ̄▽ ̄)
合わせ目はご覧の通りスカスカな部分がありますので強力な接着が必要です(´・ω・`)

P7114000.jpg
そしてパーティングラインもこんな感じで段差が激しい部分がそこらじゅうにwww

P7124001.jpg
サイドカウルの左面はヒケも激しかったのでパテで整形しました。

P7124002.jpg
続いてメタルパーツ。
全部でこんな感じです(´・_・`)

P7124004.jpg
メタルパーツの問題児のリアダンパーは後ハメ加工することで組みやすさが格段に上がります。

P7124011.jpg
ここを切り取って後で取り付け出来るようにしておきます。

P7124005.jpg
スイングアーム、フレーム、フェンダー単品で溶接して行きます。
写真はスイングアームの仮止めの図(´・ω・`)

P7124006.jpg
こんな感じで半田で溶接~継ぎ目処理でこんな感じに( ̄▽ ̄)
ついでに簡易仮組みをしながら歪みを微調整して行きます。

P7124007.jpg
全体的な歪みや合いを見るために全体の仮組みをしておきます。

って事で今回はここまで!!

次回は下処理の続き~カウル塗装に入っていきますのでお楽しみに(ヾ(´・ω・`)

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村



使用キットはこちら
valign="top" align="center">1/12 オートバイ No.81 1/12 スズキ RGV-Γ XR89 14081 > valign="top">1/12 オートバイ No.81 1/12 スズキ RGV-Γ XR89 14081
>(2000/07/18)
タミヤ
>
商品詳細を見る




STUDIO27 トランスキット 1/12 RGV-Γ 日本GP 1988

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 D-style製作記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ